スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十を以て一を語る

ゼミでおそまつな発表をしてしまい意気消沈中の五嶋です
気付けばアクセス数も100を超え、最近はコメントもたくさん入って
このブログも結構賑わってきた感じですね

今日は演習での失敗と反省をこめて少し書こうかと思います
十を以て一を語る
これは何かを教えたり発表したりするときに意識していることなんですけど
教えようと思っていることと自分が知っていることの総量が同じだと
自分の方がいっぱいいっぱいになって、余裕を無くしてしまうし
例えばあるひとつの事柄だけだと字面を追うだけの理解しかできないところを
それの背景になることを2,3つ知っているだけでまったく違った角度から
その事柄を見ることができるようになったりもしますよね
十を以て一を語ることで、その1つにより正しい方向性と深みが加えられる
ただし、そのためには自分をしっかり制するだけの余裕も必要だということを改めて痛感しました
十を以てということはそれだけ、自分がその1つに関して詳しくなっていることでもあるので
それを知らない人に説明するときには、自分と相手との状況の違いを意識して
常に自分の使う言葉のひとつひとつに注意を払わなければ
結局、相手の許容できる量も自分の制御できる量も超えてしまい
相手にとってはわかりにくく、自分にとっては上手く言いきれなかったという悔いが残る結果になる
十を以て一を語る、できるようになるにはまだまだ時間がかかりそうです
スポンサーサイト

愚考 自己分析!

明日は土曜の活動日ですね!なのに、私は参加できず。。。毎回すみません。。
ひらいです。
自己分析の続きも行うという連絡があったので、活動に参加できない分、
関連した話でも書いてみようかと思います。
 
。・。・。・。・。・。。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

自己分析・・・今週の水曜にもリクルートの方が大学のセミナーで講演されていましたが、
みなさんは聴きに行かれたでしょうか?
自己分析だけでなく、現在の就活事情も絡めたお話で、
当たり前のことを言ってはっただけなんやけど、面白かったです。
さすが『就職ジャーナル』編集長!


編集長の自己分析理論は・・

            
自己分析がなぜ大切か=ミスマッチ就職をおこさないため
                「入社1年での離職率15%」
              
     !!入社後イキイキして仕事をし、生活するため!!

ミスマッチ=自分の価値観と会社の価値観・現状の不一致
今、自分の真の価値観を探すことができれば問題はない。だから自己分析は大切。


・・ということでしたよね?



Aile-vertでは自己分析シートを副代表が準備してくれていて行っていますよね。
就職支援サイトとか本とか見ていると本当にいろんな自己分析のやり方があるよね。何が自分に合っているのか、よくわからなくて焦ったり、情報過多で溺れそうになったり。。でも、何が自分に合っているのかを見つけるのも自己分析だとか考えたり。。
そんな中で自分史以外にも将来のキャリアプランを考えていくことが大切だと、どこかで読みました。
確かに、ミスマッチを起こさないためには華やいだ妄想だけでなく、実際に自分が志望する企業(学校や集団)で働くこと、存在することを思い描かなければならないし、思い描けなければならないですよね。
かといって、企業ありきで描くのはちょっと違うと感じます。
それこそ、自己分析で自分の価値観・軸をあやふやながらも見つけて、それと志望企業がマッチするかどうかという自分ありきが大切なんじゃないんかな?と。


なんだか偉そうなこと言っている割には迷走していますが、
文章だけでなく、私自身も迷走しています(笑


そんな迷走中の私が、キャリアプランを考えるにあたって、
少し自分と合ってるかもと感じたキャリアプラン計画方法が今のところひとつだけあって、それが『自分の成長曲線・幸福曲線から将来を考える』というものです。
これはAile-vertで書いた自分史1を用いて行うこともできます。


自分が自分史の中でこの時成長したなと感じるところ、成長できなかったなと感じるところ(同じように幸福と感じた時など)を考え、バイオリズムを描くように変化の歴史を曲線で視覚化するのです。この成長や幸福というのは自分の好きなよう(頑張り曲線とか)に設定できると思います。
変化の理由は自分史です。
曲線を大学までで止めるのでなく、1年後・3年後・5年後と増やしていくことは、キャリアを考えることにならないでしょうか。


私は先にも書いたようにめっちゃ迷走しているので、
いきなり言葉で将来像を表現するのは難しいと感じています。
だから、非言語的な表現で将来考え、何を理由に描いたのかを後から意味づけ・理由づけ(言語化)する方が楽かなと思っているのです。その他、ブレインストーミングとかね。。
私のへたくそな文章で書くと訳がわからない方法だとしか伝わらないと思いますが、
よかったら試してみてください~
それから皆さん、なにかいい方法があったら教えてください!

乱文・長文失礼しました

ブログのデザイン変更

ブログ担当からお知らせです。

ブログ本文の表示範囲が狭い、使用済みのリンクが背景色とかぶり見づらいなど
問題点がいくつかあったのでブログのデザインを変更することになりました。
今日変更したもの(1)を含め、7つほど候補を選びました。
簡単に特徴をあげると
■右メニュ■
1青基調、シンプルで優雅なデザイン
2白基調、パステルカラーの色鉛筆がアクセント、帯状カレンダーつき
3クローバー、カレンダーの記事を書いた日にクローバーが
4青でまとめたごくシンプルなつくり
■左メニュ■
5メニュ背景が空と花、白基調、記事に罫線つき
6青基調、小さな花のアクセント
7青系のストライプ、過去記事へのアクセスが簡単な便利ナビつき

ブログの管理画面、テンプレートの設定ところから見ることもできるので
早く見たいという人はそちらからどうぞ。

食品火器取扱説明会報告

またもやブログ担当五嶋です。
今日は主務代理で食品火器取扱説明会に出たので簡単に報告をしておきます。
Aile-vertはEVE祭で火器を取り扱わないので火器については省きます。

上京保健所様からの説明がありました。

食中毒の9割は細菌性・ウイルス性のもので、予防ポイントは以下の3点
・細菌・ウイルスをつけない
  健康管理・手洗いの徹底、当日下痢・嘔吐などの症状のある人は外れること。
  手指の傷、黄色ブドウ球菌の恐れあり、調理から外れるか、手袋の着用。
  アルコールは手洗いをして、水分を拭き取った後でないと効果を発揮しない。
・細菌・ウイルスをふやさない
  細菌などが増える条件は、水分・養分・温度・時間の4つ。
  水分・養分は食品に含まれており、温度は出店で管理するのは困難、
  とにかく時間を短くして繁殖を抑えることが重要。
  よって、長期保存・大量の作り置きはさけること。
・細菌・ウイルスを殺す
  85度以上、1分以上の加熱で大抵の菌は死滅する。
  加熱なしのものはできるだけ提供しない。

食中毒予防とは別にもう一点注意がありました。
異物混入などに備え、食品等は絶対に放置せずに、必ず誰かがみていること。

食品取扱に関する説明は以上です。

今回の説明会で検便容器が配布されました。
土曜日の活動時に配布します。

カレンダー作成

こんばんは、定期演奏会が近づき次第に余裕を失いつつある
ブログ・ホームページ担当の五嶋です

今回はホームページ担当としてのお知らせです
EVE祭までの予定も増えてきたので
ホームページに10月、11月の簡単なカレンダーを作成しました
今わかっているかぎりの予定は組み込んだつもりですが
予定漏れがあるようなら連絡ください

おそらくホームページの方の改良はこれでしばらく小休止
となりますがご了承ください

お菓子価格調査@出町柳商店街

お疲れ様です
会計吉村です。

一度書き上げたのに何故か記事が消えてしまったので書き直します;;
今日の昼休み会議でEVE祭で販売するお菓子の話が出ました。
そこで、さっそく市場調査に出かけてきました

しかし日によって商品価格は多少違うので、大体の予算を決めて
その枠内で適当にお菓子購入することになりそうです。
なので参考程度にご覧下さい


ぽたぽた焼・雪の宿・ハッピーターン:175円

ガトーショコラなどのミニケーキ:262円(6個入り)

ミニチョコパイ:202円(8個入り)

ホワイトロリータ・ルマンドなどの焼き菓子:136円(15本入り)

アーモンドチョコレート:250円(30個入り?)

柿の種:265円(10袋入り)


少し甘いものに偏りがありますが、ポテチ系だとバラで販売できないので
大体以上のような感じになるのではと思います
こんなんやなくて別のお菓子が良い!という方は吉村まで☆
また買い物のついでに調べてきます


国語の重要性

ここのところブログを私用してる感すらあるブログ担当の五嶋です
最近Aile-vert内でも風邪が蔓延しているようです
皆さん、お気をつけください


最近何かと教育に関連して考えたり思ったことをこの場でアウトプット
してますけど、今回は国語の重要性について思ったことです
個人的に言語方面には結構興味があるんですが、
最近改めて国語の重要性を感じています
言葉を通して物事を把握するからには、やはり言語という
基盤がしっかりしていないとその上にどんなに丈夫な建物を築いたって
所詮は砂上の楼閣にしかならない
その重要性を考えると、言語教育のあり方はもっと柔軟な方が
良いんじゃないかと思ったりもしています
例えば社会とか数学とか理科とか、学校の教科には
様々なものがありますが、そこで使われる言葉や文章は
やはりそれぞれ違いがあり、ちょっと注意をはらえば
言葉の学ぶ場というのはそれこそ限りなくあるはずなんですよね


この辺の考えはいろいろあるんですが、書こうとしてみると
意外とまとまっていないことに気付きました
ということで、言語教育のお話はまたの機会に
まとまってませんね、本当に雑記になってしまいました

ブログの運営方針

最近、肩書きが長いので勝手に名前を使い分けている
ブログ担当の五嶋です

会長からのお達しがありましたのでこちらで考えている
今後のブログ運営方針を紹介します。

=基本方針=
メンバー内の情報共有とコミュニケーションのためのブログ
(副次的に、外部の人にこのサークルの雰囲気を知ってもらえるはず)


具体的な変更点として考えているのは
今議論が進行中の議事録UP(賛成多数の場合)
メンバーが使うことを前提としたレイアウトの修正の2点です
ブログ担当は、メンバーの皆さんがこの場を利用しやすい環境作りをすることが
役目だと思っているので、こちらの方針としては
環境を整備して後は、メンバーの皆さんの主体性に任せるということになると思います

■議事録のUPについて■
もし行うなら会議参加者からその都度担当を選んでUPしてもらうのがよいかと思います
ブログに記事を書くことに慣れてもらえるし、この場にメンバー全員で関わっている
という印象を与えられると思います

■レイアウトの修正■
左右に表示されている機能の見直し、2カラム・3カラムの選択、
テンプレートの変更(これは完全に個人的意見ですが、灰色って暗くないですか?)など
その他、要望があれば随時受け付けたいと思います

質問・意見等あればコメントお願いします

学校図書館の話

blog担当の五嶋です
会長からブログ活性化にむけて熱い【呼び掛け】がありましたね
「ご自由に お好きなことを 空いた時間に」が書き方の極意らしいので皆さん、気軽に記事を書いてみてください

学校図書館は生徒にとって一番身近な、本に接することのできる場所
しかしながら読書と豊かな人間性の授業で習ったところによると
学校図書館図書標準(学校の規模に応じた目標冊数)に達しているのは4割程度
司書教諭(資格持ち)をおいている学校は6割程度(共に平成18年)と
まだまだ読書環境は十分とはいい難いのが現状だそうです
それでも各地の学校図書館で様々な取り組みが行われて中には
かなりの成功をおさめているところもあるようです
大阪のとある学校図書館が思いきった方法をとって利用者数を飛躍的に伸ばしました
まず行われたのが、古い本の処分だったそうです
なんでも古くなった本は、置いてあるだけでマイナスになるんだとか
内容の古くなったもの、劣化がすすんだもの、そうした本を処分して
新しい本の比率を高めた上で、新規購入を行ったところ
図書室の雰囲気も変わり、利用者も増えたそうです
長い間その場所にあって、ひっそりと知識を伝え続けてきた古びた本
そうした本が並ぶ独特の空気に、その静けさに親しみを感じていたひとりとしては
新しい本だけがずらりと並ぶ図書室になんだか寂しいものを感じますね

【ヨビカケ】第1回 Blog活性化に向けて☆

んにちは、いつも一番会長らしくない、ともっぱらの噂かもしれない、文学部3回・安田です☆

皆さん、本日は昼休み会議、お疲れ様でした!

今回は、ワタクシ、おとぼけ熱血会長(HP→Profile→下の方、「Y.H.さん」の欄を参照)より、叫びたい胸の内(?)があります(笑)

【呼びかけ】
blog活性化に向けて☆

現在、「blogを活性化して行こう!」と考えています。(詳細は、関係する役員数名で現在相談中です。)

よって、今回は皆さんに、このblogの活性化に向けて、ぜひ行って頂きたいことの「よびかけ」です!

(先日、無事に同志社大学への団体登録が終わりました。
そして、ついにポスターが完成し、学内の掲示板上ではもう、勧誘活動がひそかに始まっています!(奏さんと貼ってきました!)

そんな中、このサークルを新しい人の入りやすい雰囲気に向けて、より発展させて行くのはモチロン必要になってくるだろうと考えました。

我が団体は、リアルよりも、ネット上の「集会所」に最も活気がない。
ならば、我らがサークルらしい、活気ある雰囲気作りをここ(blog)でもすることが必要なのではないでしょうか!

すなわち =ブログ内の活性化!を計画中なのです☆)


そんなわけで・・・

具体的にやってほしいと思ってること☆

皆さんには、まず、頻繁に足を運んでほしいというコトです!

・毎日のmixiがてらチェック、
・週1で曜日を決めてチェック、


などなど
工夫して今までよりblogに足を運ぶようにしてほしいのです!!☆

例え、記事を書かなくても、「拍手」や「コメント」ならできますから、見るだけでも
いいです!来ることに意味があります☆
どんどん活用して下さい!

蛇足かもしれませんが、5日には五嶋君がさっそく記事を更新してくれています。
そちらも読んで、「拍手」などの機能を使ってみて下さい☆

まずは、慣れです!慣れていきましょう!
最初は、とにかく足を運ぶことから、STARTです!



と、会長のアツイ思いのたけを述べてみました。
こうゆう熱くてうっとおしいこと極まりない内容で、今後、シリーズ☆【ヨビカケ】というコーナーを作る予定です(笑)
※異議、、受付・・・たくないけど(笑)聞きます、一応(笑)さあ、来い!!笑

みなさん、ブログチェック・ブログ利用を増やすこと、ぜひ、積極的な利用を、よろしくお願いいたします☆

P.S. blog担当の五嶋君、やや仕事を横取りしたようでもありますが、「連絡」ではなく、
   個人的心情入りまくりの【ヨビカケ】ということで、MLではなくblogに思いのたけを綴ったので、
   今回はお許し下さい。  ・・・ごめーん!!><

ふと思ったこと

こんばんは、虎視眈々とウェブ関連の再構築を目論んでいる
ホームページ・ブログ担当の五嶋です

10月に入ってカレンダーも新しくなったところで
今月最初の書き込みです
といっても大した内容はないですが、ふと思ったことを書いてみようと思います

教師を目指すものとしてやっぱり、何のために教えるのかとか
考えたりする機会も結構ありますよね
最近僕が気になっているのはその裏返し「何のために学ぶのか」ということ
もちろん、大学生になった今ではいろいろ理由もあります
けど、振り返って見て小学校、中学校、そして高校の頃の自分に
そういうものがあったかなと思い返してみると、すごくぼんやりしているような気がします
もちろんその時々に純粋に面白いと感じられる授業とかもあって
必ずしもそこに何かの目的が必要だったわけじゃないこともありました
それでもどこか勉強はしなくちゃいけないって気持ちがどこかにあったような気もします

でも「しなくちゃいけない」っていうのは本来の姿じゃないと思う
周りには、勉強なんてしたくないとかそんなに必死に勉強して何になるのとか
口にしながらもやっぱりどこか「しなくちゃいけない」って思ってるように感じられる人が
結構いたように思います、もちろんそうじゃない人もたくさんいましたが
必死になって勉強することをかっこ悪いことだと思いこんでいる人もいました
でも何かを学ぶっていうことは本当はそういうものではないはずです

そのときは意味がわからなかったことが、ある日突然納得できることもあるし
何かを知ることでそれまでとは違ったふうに世界を見ることができる
今まで通れなかった扉が、新しい鍵を手にしたことで目の前に開けてくる
何かを学ぶっていうことは自分の可能性を大きくすること

もちろん、学んだことがいつでもすぐに変化を引き起こすわけじゃない
ゆっくりと時間をかけて自分のものにしてはじめて何かが変わる、そういうときもあれば
突然目の前の景色が変わってしまうような体験もあるのかもしれない
ただはっきりしているのは踏み出すことをためらっていては何も始まらないということ

ずいぶん長くなりました、とりあえずこのくらいでやめておきます
なんというか自分でも何をどう表現したいのかわかってないところもあって
今回はなんとも漠然とした話で、終わりきれてない感じですが
こうして言葉にしてみることで、また何か見えてくるものもあるような気がします
まとまりにかける話でしたが最後まで読んでくださって、ありがとうございます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。