スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EVE 班分け

EVEの準備のためエルベールメンバーを3つの班に分けました。

絵本展示作成班:松元 小田 吉村 鈴木 倉本 (関口) 竹内 
サークル紹介作成班:森田 (安田) 平井
趣旨・黒板企画作成班:中西 五嶋 廣田

装飾統括:廣田

()のひとはまだ了承が得られていません。
変更したい人は連絡お願いします。これで良いという人は了承を連絡してください。

絵本展示作成班
書いてきてもらった書評から教室に展示するものを選び教室展示品を作成していただきます。
今回の活動で一番メインの班なので人数は多めです。
他の班の人もそれぞれの活動が終了したらこちらの班の手伝いをしていただきます。

サークル紹介作成班
今回絵本喫茶に来ていただいた参加者の人に普段エルベールがどんな活動をしているのかを紹介してもらいます。

趣旨・黒板作成班
今回の絵本喫茶をする趣旨の作成をします。黒板参加企画も担当します。

装飾統括
教室内の展示の司令塔です。装飾はほぼ全員に参加してもらいますので、班分けには入れてません

EVEの活動はこの班に分かれての作業が中心となります。


書評は参加するメンバー全員に書いてきてもらいます。よろしくお願いします。
11月7日が書評発表日です。
スポンサーサイト

tag : arata

イベント企画、2日目

こんばんは、五嶋です。
京都市市民防災センターでの体験活動会2日目は、
メンバー4人、参加者3人の7名で行いました。
小学生が2人混ざっていたこともあり、当日の担当者の挨拶が
なんだか不思議な光景になってました。

体験する活動の順番が現地につくまでわからなかったわりには、
スムーズにいろいろなところを回ることができました。
参加者の3人もメンバーも楽しみ半分、実際の災害の怖さ半分といった感じで
いい経験ができたように思います。
(・・・社長は助けられなかったね)

解散後、参加者の1人とメンバーでチベット料理を食べに行きました。
親睦も深まり、勉強にもなって(笑)、とてもよかったと思います。

イベント企画、一日目終了☆

あわただしく日々がすぎてゆき、参加人数も不明なまま
イベント当日を迎えることになった訳でしたが、
本日24日のイベント企画、無事終了しました!



私どもの勝手かつ急な呼び出しにもかかわらず、
院生のM先輩、神学部のN君、の2名のお客様に来て頂き、
メンバーと合わせて7人、一同防災センターへ。 

強風体験、避難訓練、地震体験、消火体験・・・etcの体験をし、
普段の生活では見落としがちな危険、や災害の恐怖を肌で感じ、
イベントの趣旨であった「自己啓発を図る」ことが出来たと思います。
一緒に体験をしたり、途中の休憩でお話したり、と交流を深めること
が出来こと、スムーズに体験学習が出来たこと、そして何より、
体験学習が終了したあとでサークルのメンバーだけでなく、今日来て
頂いたお2人にも今回の企画を高く評価してもらえたこともあり、
自画自賛ですが、大成功だったと思います(^-^) 

一回生初の司会進行という貴重な経験もさせて頂き、
改めて、自分たちがこれからこのサークルを引っ張っていくんだ!
と身の引きしまる思いもして、とても思い出に残るイベントになりました。


今日参加してくださったサークルメンバーのみなさん、2人のお客様、
ありがとうございました。そしてみなさん、おつかれさまでした!
また、楽しいイベントが出来るといいですね♪


25日の担当の方々、がんばってください!
(↑ちょっとプレッシャーかけてみたり・・・? 笑 )




~この記事を読んでくださった方へ~

このイベント企画は、24日、25日の2日連続同内容です!
24日は都合が悪くって・・・
というあなた!まだ間に合います!!
興味を持たれた方、詳しくは
10/19のブログ記事をチェックしてください!!



とりとめもないことを長々と書きましたことお許しください


森田


10月24日、25日実施~Aile-vert 体験学習会のご案内~

体験学習会
~防災センターへ行こう!~

と題しまして、秋のイベント企画をご用意しました!!


あなたは枕元に懐中電灯を置いていますか?
災害はなんの予告もなしに私たちに襲いかかります
そんなときあなたはなんの対策もなしに災害をむかえますか?
災害が起きてからでは手遅れになることもあります
まずはその怖さを知ることから始めましょう
これを機会に防災について一緒に考えなおしてみませんか?




 日時   10月24日(土)、25日(日)  ※両日同内容
     
       13:00~17:00(予定)

 集合   13:00  同志社大学 今出川キャンパス 図書館前

 行先   京都市市民防災センター

 内容   13:00   集合
       14:00   防災センター着
               ―見学&体験―
       16:30   見学終了
       17:00   現地解散
 
 申し込み kyoushoku_net_2008@yahoo.co.jp
        ※24・25日のどちらに参加か明記をお願いします。

 参加費   地下鉄 今出川~十条の交通費 250円


※当日、飛び入りも可!
※お問い合わせは、 こちらをご覧の方はkyoushoku_net_2008@yahoo.co.jpまで。
  (当日の朝までなら、チェックできます。)




秋真っ盛り!京都市市民防災センターに、ご一緒しませんか??
防災センターには、災害や防災に関する展示のほか、
地震や暴風体験ができる設備もあります☆
防災について一緒に考えましょう!

みなさんのご参加、お待ちしています♪



EVE 絵本紹介 ver.2

現在確認できている絵本リストです。

関口:王様と九人の兄弟
   ペンギンがあぶない
   ペンギンのルーちゃん
   ペンギンのおかいもの

森田:はなのすきなうし
   ルピナスさん
   のえるのおさんぽ

鈴木:しろいうさぎとくろいうさぎ
   かたあしダチョウのエルフ
   アンジュール

五嶋:なぜあらそうの?
   ルリユールおじさん
   バラスの図書館員

小田:だいじょうぶだよぞうさん
   にじいろのさかな
   ちびくろサンボ

竹内:かぜのこもりうた
   風さん
   風の星

安田:世界がもし100人の村だったら
   おおきな一日
   トットちゃんとアフガニスタンの子どもたち
   戦争が終わっても 僕の出会った子どもたち
   戦争を平和に変える法
   大いなる航路

平井:みんなでつくっちゃった
   わたしがすき
   花さき山

松元:風が吹くとき
   さっちゃんのまほうのて
   ちいちゃんのかげおくり

吉村:ガブル君とコウモリオニ
    けいこちゃん
    太郎の引っ越し

中西:大切なきみ 
    ロミオの青い空
    ぼくはなんにもならない

廣田:チリとチリリ
    チリとチリリ~まちのおはなし
    チリとチリリ~うみのおはなし
    チリとチリリ~はらっぱのおはなし

皆さん書評のほうよろしくお願いします。
書評の最終締め切りは11月7日の予定です。

絵本の変更するときは一度中西までお願いします。

中西

企画部から~討論会を終えて~

企画
10月10日「討論会 教育格差から中高一貫教育を考える」

今回の企画担当、エルベ村秘術師、廣田から企画当日の報告をしようと思います。

吟遊詩人に先に感想を詠んでいただきましたが、今回は本当に準備が大変な企画でした。
皆様、お疲れ様でした。参加して下さった方、ありがとうございました。

最終的に参加者は16名。現会員以外にも、我らが顧問や、立命館の学生さん、OB、ビラを見てきてくださった方など様々な方が参加しました。
OBのKさんは「Aile-vertはこんなに大きいサークルやったか?」と驚いてらっしゃいました。うれしい限りです。

~~~~~~
当日も朝から準備を始め、それぞれがぎりぎりまで準備に励みました。
昨日夜遅くまで、頑張っていた人もいた様子。
開始の15:30が近くなると、参加者もちらほら現れます。
一人ずつ、好きな色の名前カードを作ってもらい、準備は万端です。

15:35、討論会がスタートしました。スタートから少し遅れ気味・・・気にしない!
まずは一回生から、中高一貫校の公立への導入の経緯と実態、問題点についての発表です。
発表者は森田さん。実は朝から緊張しっぱなし。
しかし、堂々と前で話し切りました!声も聞きとりやすかったですよ、成長した!
参加者の方々も真剣にメモを進めています。

続いて4回生から、その他の教育格差についての発表です。
第一走者は会長・安田さん。公立校間格差について話します。さすが4回生、パワーポイントに書いていないことも、丁寧に説明していきます。
続いて第二走者、五嶋君。地域間格差について話します。視覚的な資料も多用し、とてもわかりやすい発表でした。参加者もうなずく。
そして予定時間を15分オーバーし、発表が終わりました。これでいいのです。

休憩時間を挟み、16:30から討論スタート。
討論のお題は「公立中高一貫教育の功罪とこれからのあり方」です。
実は最初に配った名前カード「赤・オレンジ・緑・水色」は班分けの整理券。
寒色(緑・水色)チーム、暖色(赤・オレンジ)チームに分かれて討論開始しました。
両チームとも、相手チームの会話を気にしながら、それぞれ思い思いに議論を進めていきます。
予定の17:40もあっと言う間にやってきて、代表が結論を話すことになりました。

実は私、結論を書きとめず、内容を覚えていないのです。すみません。
しかし、相手チームの発表はやっぱり、こちらと違う目線なのだなと思ったのを覚えています。
その後、全員で円になり感想を言い合いました。
「いろんな人の意見が聞けてよかった」
「気づきがあった」
「来てよかった」
など有意義に討論会を過ごしていた様子が伝わってきました。
発表内容に指摘も頂き、会員も大変勉強させていただきました。
終了18:00。皆様お疲れ様でした。

その後、お菓子とジュースを広げて懇親会となり、さらに交流を広げ、深めることとなりました。
~~~~~~

幅広い人が集まって、お互いに意見を交わすことは、とても創造的な作業だと思います。
今後も、視野を広げるために、幅広い人たちとかかわっていきたいものです。

全体の振り返り、反省などはまた17日に
今回参加して下さった全ての方に感謝をこめて、ありがとうございました。
これからもAile-vertをよろしくお願いします。

【必読】17日のEVE会議に向けて

討論会が終わり、一段落ついたばかりですが、実はEVEのスケジュールも
なかなか大変なことになっているのです。
11月7日に書評の発表があるわけですが、実は10月中の活動日で、
EVE関係にさけるのは実質17日しかないんですね。
そこで、EVE関係の現状の整理と今後の方針を考えるために、
1回生のEVE責任者の中西くんと話し合いを行いました。

EVEの出店方針はある程度、話は進んでいたものの、詳細が決まっていませんでした。
これから実際に準備を進めていくにあたり、方針がしっかり定まっていないと、
動きづらくなることが考えられます。そこで、17日にEVE会議を開き、
出店方針をしっかり詰めていきたいと思います。
ただ、いきなり会議に持っていくとなかなか先に進まないということが
危惧されるので、こちらで具体案を用意しました。
当日はこれをたたき台にして、会議を進めたいと思います。
ここにある具体案を見て、もっと他のやり方がいい、ここを改善した方がいいなど、
意見を考えるなり、全く別の案を用意するなりして当日に臨んでください。
(この具体案で異論なければそれでもかまいません)。
17日会議には参加できないが、意見がある場合は五嶋または中西に連絡を。
意見は当日の会議でも紹介し、できるだけ尊重するようにしたいと思いますが、
日程もきびしいので、会議の決定が別の方針になった場合はご了承ください。

■書評の形式■
ある程度の統一感は必要ではないかということで、以下の緩やかなくくりを加える。
・絵本1冊⇒A41枚にまとめる。
・それぞれを半分に折り、貼り付けて冊子形式にする。
・必ず概要(どういう本か)、絵本の絵(表紙でも中身でも)を入れる(その他は自由)。
・手書き、ワープロ問わず。

■展示方法■
出店図

配置は去年のものを踏襲。
①窓際に机・椅子を並べる。冊子にした書評を置く。
②カウンター、エルベールの紹介するものを置く(やるなら)。
 奥には荷物や絵本、飲食物のストック等を置く。
③机を2つつなげて配置。卓上には、自由に取れる飲食物と
 冊子にした書評を配置。
④黒板、参加企画をやるならそのスペースに。
⑤教室の大きさによるが同時に3から4の展示(見やすいように大きめで)。
 日ごとに入れ替えれば12個くらいは展示できる。

■書評と展示について■
展示(⑤に貼り付けるもの)には、基本的に「絵本深読喫茶」の名にあうように、
絵本に対して何らかの独自のアプローチで(深く)読みこんだ内容について
まとめたものを用いる。書評そのものを貼り付けるわけではない。
冊子書評は必ず全員が作成するが、展示(⑤にはる)は必ずしも全員ではない。

【17日のEVE会議の議題】
①書評と展示の区別に関して
②書評の形式について
③展示方法について
  ①~③で30分
④ブックトーク、アニマシオン等動的なものを加えるか
⑤エルベールの紹介展示、黒板の参加型企画を行うかどうか(やるならテーマの設定を)
  ④、⑤で20分
⑥買出しの品、予算、買出しの店(28日提出の書類に関係)
⑦EVE参加人数の確認
  ⑥、⑦で10分
理想としては、討論会の事後学習もあるので、さくさく進めて1時間で終えたいと思います。

討論会を終えて

何の因果か村長からエルベ村の吟遊詩人の称号を頂きました五嶋です。
ついに中高一貫教育の討論会も終わりましたね。
皆さん本当にお疲れ様でした!

1回生も4回生もギリギリまで準備に奔走し、総力戦の様相でしたね。
みなさんしっかり休養を取ってください。

教育実習で4回生がほとんど動けない中、1回生が初の発表に
向けて準備を進めてくれた中高一貫教育というテーマが、
ここまで長期企画に発展するとはあの頃誰も思っていなかったでしょう。
僕自身5月にブログで教育時事として公立の中高一貫校について
取り上げた時には、その後、Aile-vertの活動で扱うことになるとは
思いもしませんでした。

まだ17日に討論会の振り返りがあるかと思いますが、
一段落してみると、このテーマに関わる活動は今までのAile-vertの
活動の中でも最大規模のものになりましたね。
4回生の無茶振りにも関わらず、根気よく勉強や準備を進め、
素晴らしい活躍を見せてくれた1回生がいなければ、
きっとここまでの活動にはならなかったでしょう。

ゲストの方の参加も多くて、身内だけでの活動とはまた違った
雰囲気の中、議論を尽くしそれぞれに得るものがたくさんあったようで、
ここまでみんなで準備を頑張ってきた甲斐があったなと感じました。
僕自身、意識していなかった見方や意見に触れることが出来て、
とても勉強になったし、準備の段階や発表、討論の際にも、
まだまだ至らないところがたくさんあって、これから課題を見つけられた
という意味でも有意義な活動だったなと思います。

夏合宿の写真、アップしました

夏合宿の写真をyahooフォトに追加しました


撮影、ネーミングともに今回は素人によるものなので(笑)
味気ないでしょうがご勘弁願いますm(- -)m





森田



EVE関係

現在確認できている絵本リストです。

関口:王様と九人の兄弟
   ペンギンがあぶない
   ペンギンのルーちゃん
   ペンギンのおかいもの

森田:はなのすきなうし
   ルピナスさん
   のえるのおさんぽ

鈴木:しろいうさぎとくろいうさぎ
   かたあしダチョウのエルフ
   アンジュール

五嶋:なぜあらそうの?
   ルリユールおじさん
   バラスの図書館員

小田:だいじょうぶだよぞうさん
   にじいろのさかな
   ちびくろサンボ

竹内:かぜのこもりうた
   風さん
   風の星

安田:世界がもし100人の村だったら
   おおきな一日
   トットちゃんとアフガニスタンの子どもたち
   戦争が終わっても 僕の出会った子どもたち
   戦争を平和に変える法
   大いなる航路

平井:みんなでつくっちゃった
   わたしがすき
   花さき山

松元:風が吹くとき
   さっちゃんのまほうのて
   ちいちゃんのかげおくり

吉村:ガブル君とコウモリオニ
    けいこちゃん
    太郎の引っ越し

中西:大切なきみ 
    ロミオの青い空
    ぼくはなんにもならない

皆さん書評のほうよろしくお願いします。
書評の最終締め切りは11月7日の予定です。
それまでに書評を完成させておいてください。

EVE期間中(3日間のうち)に誰がどれだけ活動できるか
知りたいので現在の段階でわかっている範囲でいいので
中西までスケジュールの連絡よろしくお願いします。

秋の呼び込みイベント

イベント名:体験学習 防災センターへ行こう

場所:京都市市民防災センター

日時:10月24日、25日(両日とも同内容)

集合場所:同志社大学 今出川キャンパス 図書館前

集合時間:13:00

当日のスケジュール:
13:00~14:00 今出川~防災センターへ移動
14:00~16:30 防災体験(強風、地震、消化、避難)
16:30~17:00 体験後の話合い エルベールの紹介
17:00      終了 現地解散

参加費:今出川~十条の交通費250円


エルベール内の参加者がまだ定まっていません。
上のスケジュールを見て、参加できる日を中西までお願いします。
一日参加できるのか、少しだけ参加なのかもよろしくお願いします。

補足です。10月9日に呼び込みイベントのビラ配りをします。
参加できる方はよろしくお願いします。

以上です。何かあったら中西までお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。